電話占いが当たると話題|運命の人が分かる

このエントリーをはてなブックマークに追加

正確さとお水取り

水晶

正確に出すと効果的

九星気学で吉方位への外出、参拝は運気を手に入れる方法の一つです。吉方位は、正確に算出することでより効果的になります。何となく家の方位を知っている人でも、改めて算出すると思い違いに気づくことがあります。方位を正しい方位にすると、運期が上がる方角への参拝や外出が可能です。正確に出すためには家の図面が必要となります。家の図面の中心になる部分から方位磁石で確認してください。九星気学での家の中心は、図面から見た中心ではありません。図面にとがったものを指して、落ちたり崩れない場所を指します。図面で確認した場所に直接方位磁石を置くときは、必ず平らな場所においてください。図面や地図に書き込み、日々確認して生活に生かすことが、九星気学の吉方位を生かす理念です。

生まれた年と月による

九星気学での吉方位は、その日の九星の位置から出されます。日々出る方位が違うのは、その時の二十八宿によって方位も違うからです。二十八宿によって運気を確認しますが、それ以外に方位をメインとした運気向上に努めます。嫌なことは避け、良いことが起こる吉方位に出かけて運気向上につながる考え方です。吉といわれる方位に出かけ、参拝や水を汲んで帰ってくることをお水取りといいます。吉方位の水には良い運気があると信じられ、お水取りを定期的に行って運気アップに努める人もいます。汲んできた水は飲用、料理に使うといわれますが、占い師によって飲用だけ、どんなことにも使えるなど幅広い解釈です。方位とお水取りは九星気学独自の方法といえます。